人気ブログランキングへ

「今の会社で身につくスキルは他の会社でも役に立ちますか?」

「今の会社で身につくスキルは他の会社でも役に立ちますか?」
 
 
会社勤めしている時は、立場上何百人もの採用に関わる経験をしました。
 
現状の境遇が不満で転職する人がほとんどですが、大多数の人が
 
自分のスキルを上げたいために転職したいというのも事実でした。
 
 
但し、漠然と自分のスキルを上げたいと思っていても、
 
本当に通用するスキルを手に入れるのは簡単ではありません。
 
 
スキルには、様々な種類のものがありますが、
 
私は大きく分けて3種類に分類しています。
 
 
(1)専門スキル
 
(2)汎用スキル
 
(3)作業スキル
 
 
の3種類です。
 
 
(1)の専門スキルは一番分かりやすく、
 
会計、経理、プログラミング、電気工事などの専門的な知識や技術です。
 
このスキルは今いる会社で身につけたものが、
 
同じ業種の他の会社に転職した場合でもでも役に立ちます。
 
 
(2)の汎用スキルは、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、マインドセットなど、
 
同じ会社の別の部署に異動になった場合でも、違う業界の会社に転職した場合でも役に立つ技術です。
 
 
(3)作業スキルとは、自分のいる会社のマニュアル的な作業や、
 
会社特有のルールに従った作業を遂行するスキルです。
 
このスキルは他の会社では、あまり役に立たないものです。
 
同じ会社に長くいると、その会社での要領が良くなるので、(3)の作業スキルはとても上がりますが、
 
万が一その会社にいられなくなった際に、全く何も残らなくなってしまうので、 
 
 
もしスキルアップを目指して転職しようとするときは、
 
漠然とスキルアップを考えるのではなく、上の3つのどのスキルを高めたいのか、
 
その高めたいスキルは転職しようとしている会社で磨けるものなのかというのを意識する必要があります。
 
 
短期的には、(1)の専門スキルを磨くことが収入アップや、転職に有利に働きますが、
 
求められる専門スキルは変化も激しいです。
 
そのため長期的視点で長く通用するスキルを求めるなら、すぐに成果に直結しないかもしれませんが、
 
(2)の汎用スキルを高めることを目指すのが良いでしょう。
 
 
 

カテゴリー ゴルフ

コメント

コメントする