人気ブログランキングへ

歯医者さんのプロダクトローンチ

ネットビジネスで主流になりつつあるプロダクトローンチの手法は、

ネットでは良く見かけることはありますが、

歯医者を開業する際に、その手法を用いているところがありました。





少し手法は違いますが、オープンの3日前くらいから、

歯科医院の中の内覧会というものを開催し、

内覧に来てもらった人にプレゼントを渡し、

さらには、オープン直後の割引きでの

予約受付を行うというものです。





歯医者のオープンでここまでしているところは初めてみたので、

かなり驚きました。





ネットで効果のある手法が今度はリアルなビジネスでも

展開されつつあり、最近徐々に注目されつつある

O2O(オンライン2オフライン)のビジネスモデルとは

少し違った形の応用かと思います。





調べてみると、フランチャイズの新規オープンでは、

ほとんどこのような手法がとられるようになってきているようで、

今後はプロダクトローンチの手法は、

ネットだけでなく、リアルなビジネスでも、

必ず必要になってくる手法だということを強く思いました。



NEC上場廃止でも大企業はまだまだ強い。

NECが大阪と名古屋、福岡、札幌の4証券取引所の

上場廃止をするという発表がありました。





この4証券取引所でのNECの取引額が少ないとはいえ、

このニュースのインパクトはとても強いものがあります。

理由として挙げられているのが、経費削減というでした。





最近日本のメーカーの不調が取りざたされており、

日本のメーカーはもう駄目だという流れになってきておりますが、

実はまだまだ強い側面があります。





JALが一気に回復できたのは、

大規模な資金を調達して、社員を半分くらいにして、

無駄を省いたということが大きな理由です。





普通の中小企業なら、大規模な資金調達もできないし、

無駄を省いたくらいでは、上場できる規模にまで、

事業を大きくすることができません。





NECのようなメーカーも、JALと同じような手法をとれば、

一気に回復できる見込みはまだまだあると思います。





大企業自体は復活の見込みがあるとはいえ、

それには、人員削減が欠かせないものになってくるでしょう。

そうすると当然のごとく、働き口がなくなる人も多くなるはずです。





いつ会社から放り出されても、生きていけるように、

やはり日々自分を高める必要が益々大きくなってきているのでは

ないかと感じたニュースでした。



売れるアイデアの探し方

何か売れる企画を考える時に何もないところから、

売れるものを考えることは非常に難しい。





まずは、自分に実力がない段階では、

実際に今売れているもので、

市場が大きいものところを探した方が良い。





魚釣りでも、魚の多いところには、

釣り人も多いが、魚も多いので、

偶然釣れる確率もある。



しかし、魚のいないところでは、

どんなにうまくやったとしても魚を釣ることはできません。





ビジネスでは、大きなホームランは難しいかもしれませんが、

既に売れているところを狙うのは、

大きな外れを防ぐには一番良い方法です。





売れているアイデアをそのまま実行しただけだと、

うまくいかないことが多いので、

少しだけ自分でアレンジを加えて、

付加価値を付け加えたり、価格を安くで提供する方法を

考えて、相対的に価値が上がったように見せることで、

売上のシェアを奪うことも可能です。





もし、自分で何か考えても良い企画が思いつかない時は、

既にうまくいっている企画を参考を利用させてもらうのが、

成功の近道ではないでしょうか。



株やFXに中途半端に手を出すなら、異常時を狙う。

最近でもFXの人気が高い状態が続いていますが、

株やFXで儲けたという話は身近な人であまりいないのではないでしょうか。





株やFXの金融市場はたまに初心者でも稼げてしまうという

罠があるため、他のプロの世界と違う感じをもってしまうのが、

大きな落とし穴です。





プロ野球選手と試合をしても、恐らく素人では10回勝負しても、

1回も勝つことはできないでしょう。



しかし、金融市場では10回やれば、1回くらいは勝ててしまうものです。

但し、9回負けているので、実際はお金を失っていることになりますが、

1回勝てることで、もっと勝てるという気持ちになってしまうということです。





金融市場は日本だけでなく、グローバルから本物のプロが参加しているので、

素人は長期的には間違いなく勝てません。





もし、素人で少しお小遣い稼ぎを株やFXでやろうとしているなら、

短期的に、プロが勝負をしていない時を狙うべきです。





プロとして儲けている人に話を聞くと、プロは異常時には取引を

ほとんどしない傾向があるようです。

プロは統計データに基づいて確率論で勝負をするため、

リーマンショックのような事件があった時、為替介入の時などのように、

統計データが使えない時は、取引を控える傾向にあります。





このような異常時は、比較的素人が多いので、

ちょっと稼ぐにはチャンスが通常時よりも大きいです。



普段あまり株をやらない人に限って、

リーマンショック、ライブドア事件時だけ、取引して儲けたという話は耳にします。





ただ、簡単に絶対勝てるというものでもないので、

中途半端にやるなら、失っても痛くないくらいの金額で、

宝くじを買うくらいの感覚で、失うのが当たり前と思って、

投資をする程度が良いのではないかと思います。



26歳で年収1000万円を突破する秘訣

現在のサラリーマンの平均年収は400万前後と言われています。

これはあくまでも平均であって、20代ということに限ると、

これよりも、遥かに低いことが予想されます。





そんな時代に、会社員として、

26歳で年収1000万円を突破された

友人の伊藤さんが、ブログで、

「26歳で年収1,000万円になるための秘訣とは?」

http://ameblo.jp/ito-masayuki/entry-11361721730.html

という記事を公開されました。





伊藤さんは大学時代から将来を見据えてかなり勉強をされており、

社会人になってからも、勉強の手を緩めずに、

努力をし続け、26歳の若さで年収1000万円を突破されました。





これは大企業に就職しても、この若さでは異例の早さです。

そのための大きな3つの秘訣を動画形式で、

教えてくださっています。





伊藤さんは今でも、なお多大な金額の自己投資をされており、

努力を続けられており、大変尊敬できる方です。



会社員として、年収を上げようとする方にとっては、

必ず見てほしい内容となっていますので、是非ご覧ください。



お金を節約するための5つの判断法則

お金を稼ぐのは、非常に大きな力がいりますが、

お金を使ってしまうのが、簡単なものです。



10万円稼ぐことと、10万円節約することは、

同じ効果がありますが、10万円節約することを

おろそかにする人も多いです。





そこで、節約するために利用すべき、

5つの判断の法則をお伝えします。





お金を使うときに、この5つの基準を

用いて判断すると、無駄な支出が簡単に抑えられます。





(1) 感情的な時にお金を支出しない。



(2) 疲れている時や、気が張っているときもお金を支出しない。



(3) 一晩考えてから、再度買うかどうかを決める。



(4) 他の場所で安い商品がないか、同じ効果で安い商品がないかを調べてから決める。



(5) 予め1ヶ月以内の予算を決めておく。





この中で、5番目だけは少し事前の準備が必要ですが、

(1)~(4)については、自分が何かを買おうと思った時に、

この確認事項を思い出して、それに従うだけで、

かなりの消費を抑えることができると思います。





人は100%感情で物を買うので、

理性が強く働く状態に戻すことで、

購買衝動を抑えることが可能になります。





特に給与が昔より上がったのに、全然お金がたまらないという人は、

ぜひお試しいただきたいと思います。



自分が良い顧客になると良いサービスが受けられる。

今では、物を買うという消費よりも、

サービスを買うという消費の比率が高くなってきています。





物を買うだけの時代では、お客様は神様ということで、

値下げを要求したり、ケチをつけるような顧客でも、

重宝される時代でした。





しかし、消費がサービスに移行するに従って、

良い顧客になることが、良いサービスを

受けられる条件に変わってきていると思います。





サービスをする側は人なので、

相手が良いお客さんであると、

良いサービスをしようという気持ちになるでしょうし、

態度が悪いお客だと、最低限のサービスに留まる

可能性も高くなるでしょう。





セミナーなどに参加するにしても、

積極的でやる気のある生徒として参加するのと、

斜に構えて、消極的な生徒では、

同じセミナーに参加したとしても、

講師から得られるものは格段に違ってきます。





自分が顧客としての態度を良くするだけで、

受け取れるものが大きく違う時代になってきているので、

まずは、自分が良い顧客になることを意識するだけで、

大きな効果があると思います。





そうすることで、不思議と自分のお客さんも、

自分に対して良い態度で接してくれるようになる

傾向があるように感じています。



ホワイトボードを家で買ってみる。

ホワイトボードを家で買ってみました。

壁掛け用で、横1800×縦900 の大きさで、

自分自身の身長よりも大きいものです。





何かアイデアを考える時に、

どうしても小さい紙より、大きい紙で考えた方が、

色んなアイデアが浮かぶものです。





例えばA4の紙よりも、A3の用紙に書き込んでいった方が、

アイデアの幅が広がります。





それをもっと大きくしたものがホワイトボードです。

横1800×縦900の大きさのホワイトボードでは、

A4用紙約80枚くらいの大きさになります。





書くのがマジックで、文字が大きくなるため、

A4の紙80枚ほどのボリュームの文字は書き込めませんが、

大きな文字でたくさん書くことが可能であり、

また、複数人でアイデアを出し合う時にも

利用できて非常に便利です。





会社にはあると思いますが、家で大きなホワイトボードを

持っている人はまだ少ないでしょう。





値段は1万円を超えるので、少し初期投資はかかりますが、

そこから生み出すアイデアの価値を考えると、

投資対効果は非常に大きいと思うので、

まだ持っていない人は、一度検討されると良いと思います。



ブラウザ上でブログを書かないようにしましょう。

ブログを書くときは、何かを応募するときに、

ブラウザ上のテキストエリアに

長い文章を入力していませんか。





ブラウザ上に入力した文字は、

間違って、バックスペースを押してしまった時や、

通信が途中で途絶えてエラーになってしまった時などに、

せっかく入力した文章が消えてしまうことが、

多々発生するものです。





何かをブラウザで入力するときは、

必ず違う場所に打ち込んでから、

コピー&ペーストでブラウザに移すようにしましょう。





メモ帳でも、Wordでも、

メーラーでもブラウザ以外なら、

消えてしまう可能性が低いので、

どのアプリケーションでもよいでしょう。





また、文章のバックアップができるという利点を考えると、

ブログ用にWordファイルに文章を

書きためておいて、ブログを実際に投稿するときだけ、

Wordからコピー&ペーストすると、

消えないし、過去のバックアップができるしと

一石二鳥です。





もし、ブラウザに直接入力している方は、

ぜひお試しください。



自転車通勤・移動には「アメッシュ」というサイトがかかせません。

「東京アメッシュ」というサイトをご存知でしょうか。

http://tokyo-ame.jwa.or.jp/



【浅田哲臣】ツールを上手に使って生産性を上げよう



このサイトは、リアルタイムで、

どの場所で雨が降っているのかを詳細に、

地図上で表示してくれます。



しかも5分ごとの更新で、

120分前から雨の範囲がどう動いていたのかと

いうことも、再生することが可能です。



拡大表示をすることで、

自分のいる場所をピンポンで見ることも可能です。



【浅田哲臣】ツールを上手に使って生産性を上げよう



自転車通勤の人や、仕事で自転車移動の人は、

雨が降ってくる予想や、雨がやむタイミングを予想するのに、

結構気をつかっているのではないでしょうか。





そんな悩みを一発で解決してくれるのが、

このサイトです。





自転車利用だけでなく、出かける際に、

傘を持っていくかどうかを迷う時などにも、

効果的です。





すっきりとした晴れの時は役に立ちませんが、

雨が降ったりやんだりという時に、

どのタイミングで出発すれば良いかが、

かなり正確にわかるので、ぜひ雨の日に

このサイトをお試しいただけるとすごさが

わかるかと思います。





次のページ »